アルバイトバイブル@ucarp

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

ゲームセンターのバイトの対策は接客と耳?!

ゲームセンターのアルバイトの探し方

今や子供だけでなく大人や老人も足を運ぶようになったアミューズメント・パーク「ゲームセンター」。

セガを始め、バンナム、タイトーといった大手ゲーム会社が経営する大型の施設から個人経営の小さなゲーセンまで、いろいろな規模のお店が全国各地に点在しています。

そんな遊びの殿堂で楽しく働いてみよう!というのが今回のテーマです。

ゲーセンのアルバイトは全国各地で求人を募集していますが、やはり「セガ」や「ラウンドワン」のような大手の施設で働こうと思うと、都心周辺で求人を探すことになります。

ネット上にある求人サイトには、「エリア別検索」といった便利な機能が備わっていますので、まず東京や大阪などの大きな都市でゲーセンのバイトがあるかどうかを検索してみてください。

そしてそこから少しづつお住いの地域に近いところを探すようにすると探しやすいと思います。

ゲーセンのアルバイトの勤務内容を見てみると、働く時間帯はそのゲーセンが入っているアミューズメント・パークやショッピングモールの開店・閉店時間次第なところがあるようです。

ゲームセンターのみの経営店だと遅い時間まで営業しているところもあるようですので、深夜帯の勤務になることもあるかもしれません。

でもどちらかというと夕方や夜にかけてが忙しそうなイメージがありますので、求人で多いのもそういった時間帯だと思います。学生さんが学校の後で働いたりすることもできそうですね。

ゲーセンのバイトを探すつもりなら、まずは個人経営のような規模の小さなゲーセンで働くのか、それとも大きなアミューズメント施設で働くのかを選択する必要があるでしょう。

働く時間帯や勤務内容がずいぶん違ってくるはずですので、ご自分に合ったほうを選択するようにしてくださいね。

ゲーセンバイトの評判って?実際どうなの

楽しくて賑やかなゲームセンターですが、仕事内容は基本的にお客様ありきの「接客業」です。

当然お客さんとコミュニケーションを取らなければいけませんので、人と話すのが苦手だという人にはあまりおすすめできません。

勤務先にもよりますが、「クレーム処理」の仕事はわりと多いようで、「機械が壊れたから早く直せ!」「全然勝てないぞ!」なんて文句を言われることもあるようです。

さらに、ゴミを散らかす人や態度の悪いお客には店員として注意をしなければなりませんので、思った以上に社交性が求められる仕事と言えるのかもしれません。

実はこの社交性やお客との会話能力に関しては、ゲーセンのバイトの面接でもよく質問される内容だったりします。

具体的には「お客さんに注意したり機械の説明をしたりしなきゃいけないけど大丈夫?」といった感じで質問されることが多いようです。

一部の人は、ゲーセンのバイトは機械のメンテやコインの補給などをしていればいいだけの仕事だと思っているようですが、実際はそうではなく、かなり積極的にお客さんと会話をする必要がある仕事なんです。

え、ゲーセンのバイトって暇なの?

ゲーセンのバイトについて調べていると、「ゲーセンの仕事って暇なの?」という質問や、「暇だから楽な仕事だ」という内容の記事がたくさん見つかりました。

その点について詳しく調べてみたところ、どうやらゲームセンターにも忙しい時間帯とそうでないものがあるようです。

特にショッピングモールなどに入っているゲームセンターの場合は平日の昼間の時間帯が暇になるケースも多いらしく、そういう職場で働いている人は、結果として非常に楽な仕事だと感じる人が多いのでしょう。

職場環境が全くと言っていいほど違ってきますので、大手ゲーム会社が経営するようなゲームセンターとショッピングモールに入っているようなゲームセンターは別のカテゴリとして考えたほうがよさそうです。

平日の昼間だと、メインターゲットである子供さんは学校へ行ってますので、主な接客相手は老人などのわずかな大人だけ。施設内の清掃が終わると、受付カウンターにただ座っているだけということもあるそうです。

あまりガヤガヤしたのが苦手だという人や、忙しく働くのは嫌だという人は昼間の時間帯、それもショッピングモールなどのファミリー向けのゲーセンが狙い目なのかもしれません。

んじゃ、ゲーセンのバイトは楽なんだ?

Yahoo知恵袋のような質問掲示板では、「ゲームセンターのアルバイトって楽なの?」という質問をする人もたくさんいますが、前の項目でご説明した通り、ゲーセンのアルバイトはその勤務先や働く時間帯によって仕事が楽かどうかが決まるようです。

しかしそれだけではなく、ゲームセンターの環境自体を好きになれるかどうかも仕事が楽かどうかを決める大きなポイントになってきます。

ゲーセンはゲームという「遊び」を扱っている場所ですから、そもそもゲーセンのバイトは単純に楽そうなイメージがあるのだと思います。

しかし実際には、機械のメンテや接客も必要になる仕事ですので、決して楽だとは言えないのが現実です。中にはやっかいなお客さんもいるはずですので、むしろ他のバイトにはないような難しさもあるでしょう。

ただゲームセンターという場所が本当に好きな人にとっては最高の仕事環境のようで、新作のゲームをいち早く体験できたり、クレーンゲームの練習が無料でできたりと、そういったことにメリットを見い出せるのなら「ゲーセンのバイトは楽」だと言えるのかもしれません。

ゲームが好きというよりは、ゲーセンという環境が好きな人にこそ向いている仕事だと言えるのではないでしょうか。

ゲーセンのバイトは耳にくるよね~

実はゲーセンのバイトは、フリーターなどへのおすすめランキングでも上位のバイトだったりします。

理由はさまざまですが、前の項目でご紹介したように、質問掲示板などの質問・回答で仕事が非常に楽だという意見が多いのも理由の一つのようです。

賑やかで楽しい職場ですし、筆者も是非おすすめしたいと思い、こうやって紹介記事を書いていますが、一つだけ注意して欲しい点があります。

それは「ゲーセンのバイトは耳にくる!」という点です。

実は筆者もそうだったのですが、パチンコのホールや大型機械を扱う工場などは騒音がひどく、うるさい音が苦手な人は耐えきれずに仕事を辞めてしまう場合もあるようです。

(筆者はパチンコ店を断念した経験があります……)

特にゲーセンやパチンコのホールだと接客も必要になりますので耳栓をするわけにもいきません。

ゲーセンは、個人的には工場やパチンコ店ほどうるさくはないと思いますが、耳が悪くなってしまう恐れもありますので、騒音が苦手だという人はその点にだけは注意してくださいね。

そういえば、ゲーセンでバイトしてる店員さんって大抵インカムを付けてますが、あれも実は、ゲーム機の音が飛び交う中でスムーズに連絡をとり易くするためのものだったりするそうです。それだけ大きな音が飛び交う職場だということですね。

もし心配なようなら応募する前に実際にそのゲーセンまで足を運んで見るのもいいかもしれません。どの程度の音がするものなのか、実際に確かめてみるのが一番だと思います。

まとめ

ゲームセンターのバイトは風営法の関係で24時間営業や深夜帯の営業は難しくなっていますが、それでもアルバイトの応募は24時間受付中のところが多いようです。

もしみなさんがよく通うゲーセンで求人募集などがあった場合には時間帯を気にせず、すぐに電話してみるのもいいと思います。

大手の施設ならネットで受付していたりもするでしょうから、求人自体はわりと多いはずです。ゲーセンのバイトに興味のある人は是非ネットで求人をチェックしてみてくださいね。