アルバイトバイブル@ucarp

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

中卒?高校中退?ニート?大丈夫!!そんなあなたでもバイトはできる!

 

日本って、まだまだ学歴社会の度合い強いですよね。人手不足の職種なんかは学歴不問で求人募集を出したりしてますが、基本的に学歴が高い人ほど就職に有利なのは間違いありません。
特に「高卒」と「中卒」の間には大きなへだたりがあるように思います。

でもみなさん、だからといって仕事に就くのあきらめてませんか?確かに高卒以上の人に比べると仕事探しには苦労するでしょう。しかし世の中には中卒で会社のトップに立っているような人もたくさんいるんです。低学歴だろうと、やり方次第で社会でバリバリ働けるってこと、知っておいてください!

中卒・高校中退でも本当にバイトできるの?

今の日本は高校進学率が97%以上だそうです。ということは、高卒以上の働き手っていくらでもいるということになりますよね。どちらを選ぶと言われたら、そりゃ雇う側は高卒以上のほうを選んでしまうでしょう。

では中卒や高校中退だと働くことはできないのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。低学歴や15~16歳くらいの低年齢でもできる仕事はたくさんあります。学歴が仕事に影響しないような職種ならなおさらです。

つまり雇ってもらいやすい職種と、そうでない職種がある、ということです。学歴不問の求人を探す場合、その辺をしっかり把握しておく必要があるでしょう。求人などを探す際に注意しておいたほうがいい点などと一緒にその辺をまとめてみましたので確認してみてください。

「中卒じゃ無理だ」と思い込む前に!

ネット上のいろいろな意見を見ていると、「中卒じゃ無理だろ」って言い切ってる人がけっこういます。でもそういうのって、たぶん一種の思い込みなんですよ。実際に中卒でバイトしながら一人暮らししてる人なんていくらでもいるし、中卒という学歴で正社員になった例だってあります。

高卒以上の学歴の人に比べて仕事の選択肢は少なくなりますが、働けないというわけではありません。少し多めに頑張ればいいだけの話です。中卒や高校中退だから無理だと思い込む前に、今の自分に何ができるのか、とにかく情報収集してから悩んでも遅くはありません。低学歴や低年齢にお悩みの方は、まずはいろいろな知識を身につけるところから始めてくださいね。

学歴不問の募集は力仕事が多い!?

「中卒だと力仕事くらいしかない」なんて言う人も多いですが、学歴を気にしない職種だと力仕事関連のものが多いのは確かですね。土木関連や工場作業なんかが特に多くて、いわゆる単純作業系の仕事が中心になるかと思います。

工場作業はどの仕事も大変ですが、人手不足のところが多いので、学歴不問というだけではなく、面接の合格率も比較的高いというメリットがあります。学歴が低いことを気にしている方は、まずは工場関連の仕事を探してみるといいかもしれません。

求人の募集要項はあくまで「基準」ということ

求人の募集要項に「高校生以上」などの表記があると、「中卒じゃダメだろうな……」と思いがちですが、こういった表記はあくまで「ただの基準」です。大手のチェーン店などはこういうところは細かいかもしれませんが、個人経営の店舗などは案外臨機応変に対応してくれたりする場合があります。

とりあえず先方に電話連絡してみて、思い切って「中卒じゃダメでしょうか?」と聞いてみるのもありです。筆者は「16歳~20歳まで」という条件付きの仕事に、27歳~28歳くらいで応募して雇ってもらった経験があります。募集をかけている側も、とりあえず基準が必要だからそう表記しているだけなので、いい条件の求人があったらダメ元で相談してみるのもありですよ。

中卒・高校中退の人はこんな不安を抱えている!

この記事を見てくれているみなさんもそうかもしれませんが、世の中には中卒や高校中退だからと悩みを抱えている人がたくさんいます。そうなってしまった事情も人それぞれで、いろいろなケースがあるようです。

まずはYahoo知恵袋から、低学歴のために悩んでいる方々の投稿をいくつかご紹介しましょう。各質問に対していろいろな回答がされているので、みなさんがこれから仕事を探す際の参考になるかもしれません。
 

中卒バイトのケース①家出して働かざるをえない

家庭環境の問題などで家出をする人は多いですが、中学生や高校生が家出をして生活をしていくって大変なことですよね。でもこちらの質問・回答を見てもらうとわかりますが、学生で家出をした人でも、バイトをしながら生きていくことは「できる」んです。そういう人は世の中にたくさんいます。

回答には、「学校や児童相談所に相談を」という意見が多いですが、これって非常に重要なんです。家出をする人の中には、誰にも頼らず生きて行こうとする人も少なからずいますが、それは大きな間違いです。もしみなさんが家出を考えているのなら、後々後悔しないためにも、まず最初に「誰かに頼る」ということを覚えましょう。

投稿サイトはこちらのURLからどうぞ→Yahoo知恵袋

中卒バイトのケース②金銭的な問題で仕方なく

こちらは家庭の事情でお金が必要になったパターンですね。投稿者さん個人がどうこうというわけではなく、家庭や家族が原因でやむなく高校に進学しない(できない)ケースってけっこう多いみたいです。

回答には「バイトはいくらでもある」「中3でコンビニで働いてる」といった声があるようです。実際その通りで、15~16歳くらいの中卒でもできる仕事なんていくらでもあります。「学歴不問」や「学生可」といった表記のある求人を探してみましょう。

求人によくある「高校生不可」という表記は、年齢的な問題ではなく、学校に通いながらは無理だろうという意味かもしれません。したがって学校に通っていないのであれば、中卒や高校中退でも大丈夫な可能性があります。確認の電話をしてみるのも手です。

投稿サイトはこちらのURLからどうぞ→Yahoo知恵袋

中卒バイトのケース③進学をせず自立するため

こちらも高校に進学しない方の投稿のようです。そういえば筆者の友人にも高校へ行かずに中卒で仕事を始めた人がいました。金銭的にどうこうではなく、早く社会に出て一人前になりたいっていう人も少なからずいるようです。

こちらの回答者は、中卒で社会に出て28歳で自分のお店を持つことに成功した女性のようです。スナックの仕事をやっていたけど学歴で見下されることはなかった、と貴重な意見を伝えてくれています。こういう経験者の体験談ってすごく役に立つし、それに「低学歴でも成功してる人がいる」っていう証明にもなりますからね。非常にありがたいです。

投稿サイトはこちらのURLからどうぞ→Yahoo知恵袋

面接は受験とは違うってこと、わかってますか?

ここまでは「中卒だろうと仕事はいくらでもある!」という内容をお伝えしました。ではここからは、実際にアルバイトやパートを始めるための「面接対策」について解説していこうと思います。

ここで筆者が一番伝えておきたいことは「面接は受験とは違う」という点です。ごくまれに受験や学校の面談のようなつもりで仕事の面接にのぞむ人がいるようですが、そういった人は社会人としての自覚が足りないと思われてしまいます。その点に注意しながら以下の面接対策をチェックしてみてください。

面接と受験の違い

学校の受験と違って、仕事の面接には「正解」というものがありません。例えば同じコンビニであっても、職場や面接官次第で合格基準がまったく違います。受験ならある程度決まった勉強をすることで合格率を高くできますが、仕事の面接はそうはいかないんです。

それに、アルバイトだろうと社会に出て働くことには違いありませんので、ある程度の社会常識は「あって当然」とみなされます。いろいろな意味で、学校と同じような態度や考え方で面接にのぞむわけにはいかない、ということを肝に銘じておいたほうがいいでしょう。

学生としてではなく、社会人として面接に行くんだという心がまえをしておくのが、まず第一歩です。15~16歳くらいの方だと不慣れだし緊張もすると思いますが、面接官だってそんな若者に多くは望んでいません。少しくらいトチったり失敗してもそれで合否を決めたりはしないはずですから安心してください。

でも最初のあいさつや、面接後の「ありがとうございました」といったお礼の言葉は忘れないようにしてください。これだけで相手の心象がずいぶん違いますので。大事なのは相手に対する誠意です。

バイトの面接で注意しておくべきこと

具体的に注意したいところは、遅刻をしない、必要なものを忘れないといった基本的なことと、服装、履歴書の書き方などですね。特に服装はスーツとまでは言いませんが、できる限り清潔感のある格好を心がけてください。身だしなみは社会人としての最低限のマナーです。

それから「履歴書」も重要です。低学歴の場合、履歴書にわざわざ「中卒」や「高校中退」って書く必要あるの?と聞く人がいますが、履歴書には基本的に事実を書いたほうがいいです。後になって嘘を書いていたことがバレたりすると、それが正当な解雇理由になってしまいます。

むしろ「中卒なんですが大丈夫でしょうか?」くらいの真っ正直なスタンスでもいいくらいです。特に15~16歳くらいの方は、社会人の先輩に胸を貸してもらうくらいの気持ちで面接に望むほうがうまくいく気がします。中には、そういった若者に手を差し伸べようと考えている人もいますから、ヘタに大人ぶるよりはずっといいですよ。

バイトの面接での答え方

履歴書には正直な学歴を書いたほうがいいと言いましたが、面接の質問への受け答えも同じです。ほんの少しの嘘や隠し事は、会話をしているうちにどんどん大きな嘘や隠し事になってしまいます。よっぽど話術に自身がないかぎりは、学歴やそうなってしまった事情などは正直に話したほうがいいと思います。

大事なのは仕事への熱意、「やる気」です。仮に学歴が影響しそうな仕事の面接を受けたとしても、「これから頑張って覚えます!」や「目標があるから頑張れます!」といった前向きな答え方をすると相手にいい印象を与えやすいです。間違っても「仕方なくやる」「中卒じゃ無理ですよね」のような、マイナス思考で受け答えをするのはやめましょう。

どうしても一人暮らしがしたい!中卒でも部屋は借りられる?

記事をご覧になっている方の中には、「中卒でも一人暮らしってできるのかな?」と悩んでいる方もいるでしょう。結論から言うと、部屋を借りるのに学歴は関係ないので、中卒や高校中退でも部屋を借りることはできます。ただ、15~16歳の人が部屋を借りる場合は、かなり難しいと言わざるを得ません。

というのも、部屋を借りるためには必ず「入居審査」を受ける必要があり、その審査では「連帯保証人」が必要になるからです。親の許可を得られる人は問題ありませんが、そうでない人は一人暮らしするのはかなりきびしいです。保証人は親族でなければならないので、友人に頼むわけにもいきません。

どうしても親族を頼れない人は不動産屋さんに相談してみてはどうでしょうか。おそらくそういった相談は多いはずです。保証人代行なんて商売もありますから、ひょっとしたら力になってくれるかもしれません。それから、工場系のアルバイトの場合は「寮」付きだったりしますので、そっち系の仕事をチェックしておくのもおすすめです。

一人暮らしの場合は月に数万円~十数万円の生活費がかかってしまいますが、贅沢さえしなければアルバイトでも十分にまかなえる金額です。中卒のアルバイトでも一人暮らしはできます!すべてはみなさんの努力次第です。

大人を頼るって大事だと思います

中卒や高校中退で働かざるを得なくなってしまう理由は人それぞれです。人によっては、一番頼れるはずの親に頼れないという状況の人もいるでしょう。でも社会にはたくさんの人生の先輩がいて、その中にはみなさんと同じように中卒で社会に出た人だってたくさんいます。

ですからアルバイトや部屋を探す時に、自分の置かれた事情を少しだけ話して力を貸してもらうっていうのもいいと思うんですよ。冷たくあしらわれることもあるかもしれませんが、そんな人ばかりじゃないですから。一人で思い悩むくらいなら、思い切って大人を頼ってみるのもアリだと思いますよ。

けんぷープロフィール画像

けんぷー

様々なバイト経験を活かした多角的な視点からアルバイト関連の内容について執筆。