アルバイトバイブル@ucarp

稼げるバイトからレアなバイトまで、広く深く紹介していきます♩

経験者は思わず共感!【レジ打ちバイト】あるある♪バイト初心者に人気の職種は?

未経験OK♪「レジ打ちのバイト」を始めよう!

民主党大塚耕平議員が「スーパーのレジ係が倍の速度で仕事をやったら生産効率は上がると思いますか?」と安倍総理に質問し、「上がると思います」と答えたやりとりが、ネット上で話題騒然となっていますね。
 


大塚議員はこれに対し、「上がるわけない。レジが倍になっても客の購買力は変わらない。売上も増えない。こんな認識で労働生産性だけ議論しても無駄」と返したことにも批判が殺到。

 


みなさんはこのやりとりを聞いて、どうお感じになりましたか?

経済について無知な自分にとっては、このやりとりに対してTwitter上に寄せられているコメントから、いろいろなことを学ぶことができました♪

生産性や売り上げの話はともかくとして、レジ打ちのパート・アルバイトは、バイト初心者の高校生や学生さん、ブランクの空いた主婦でも始めやすい仕事です。

アルバイト求人件数も採用人数も多いので、経験や資格が特になくて面接を受ける自信がないという方にもぜひオススメ!

しかもうれしいことに、レジ打ちの仕事はいろいろな職場で活かせるので、しっかり経験を積めば履歴書の自己PR欄に書くことも、面接で経験を聞かれたときにアピールすることもできるのでステップアップにもなりますよ♪

そこで今回は、レジ打ちにまつわる「あるある」や、レジ打ちのバイトで人気なのは何か、詳しくご紹介していきます。

いまレジ打ちのパート・アルバイトをしている方が読めば、思わず共感してしまいますよ!

自分は高校入学とともにアルバイトを始めて以来、コンビニやファミレス、牛丼チェーン店、居酒屋、パン屋など、いろいろな職場でレジ打ちを経験してきました。

その体験談や感想も、後ほどお話しますね♪

初めてのバイトで何を選べばいいか迷っている学生さんや、ブランクが空いてしまいどんなバイトを始めればいいか悩んでいる主婦の方は、ぜひチェックしてみてください!

ちなみに、感動のレジ打ちストーリーがYouTube上に公開されているので、レジ打ちに興味がある方はよかったらご覧ください。

 

レジ打ちバイトあるある!

買い物をすれば毎日でもレジ打ちのようすを目の当たりにするので、レジ打ちの仕事内容はだいたい想像がつくと思います。

そこでここでは、お客さんの立場からはなかなか知ることができない、レジ打ちあるあるをご紹介していきますね。


コンビニや飲食店のバイトは基本的に、朝の通勤通学の時間帯やランチ・ディナータイムには息つく暇もないほどの忙しさで休憩できません。

ちょうどお腹がすいてくる時間帯なので、バイトを始めたばかりの頃は、私もお腹が空いてお客さんがうらやましくなることばかりでした…。

セブンイレブンでバイトしていた時には、働きながら「今日のお昼はこれにしようかな」なんてあれこれ妄想してしまうことも…。

牛丼チェーンの吉野家で働いていたときの休憩時間のまかない(牛丼)は、お腹が空いていたこともあり最高でしたよ♪
 


コンビニや飲食店などでレジ打ちしていると、「ありがとうございました」「またどうぞご利用くださいませ」などの接客用語を一生懸命言っているのに、無視されてしまうこともしばしばです。

忙しいお客さんは、いちいち店員のことなど気にかけているヒマもないのでしょうけれど、無視されるのが続くとヘコみます。

乱暴な態度だったり、手渡したレシートすら目もくれないお客さんも少なくありませんし、レジスタッフにクレームを言ってくるお客さんも…。

そんなときに「ありがとう」と言って微笑んでくれるお客さんに出会うと、一日中ハッピーな気持ちになってしまいますよ♪
 


コンビニやスーパーでは、レジ袋要らないというお客さんのために店のロゴ入りシールが置いてありますよね。

レジで行列ができているときにあれがなくなると、実際、かなり切羽詰まります。

お客さんの舌打が聞こえてきそうな気になり、「なんでこのタイミングで…⁉」と焦りながらテープを取り替え無くてはなりません…。

レシートロールも混雑時に限って(切れる前に取り換えサインとして赤いラインが出るのですが…)切れることが多いので、そんなときにはやっぱりプレッシャーを感じます。


自分は大学生のとき、セブンイレブンで早朝だけバイトしていました。

そこではレジ誤差が出ると、その不足分をバイトスタッフ全員のお給料の中から均等に差し引くという恐ろしいルールがありました。

ルールは店舗の経営者によってある程異なりますし、現在ではこのようなペナルティーは違法となっていますが(一部のブラックバイトは別として…)、たとえペナルティがなくてもレジ誤差が出ることはやはりストレスになるでしょう…。
 


ポイントカードって、だいたいおサイフの奥に入っていますよね。

自分だったら列に並んでいるときに、おサイフもポイントカードを出して準備しておきますが、順番が来てからカバンの中を探し始める人も中にはいます。

レジ打ちの立場では、行列ができているときには早くレジをさばいていきたいもの。

悠長にカバンからサイフを出して、その上ポイントカードをガサゴソ探しているお客さんを見ると、じれったくもなります。
 


飲食店ではたいていレジは手で操作しますが、飲食店ではおつりを自分で数えて手渡すことになります。

ですからレジ打ちに慣れてくると、お客さんが1000円札を出している段階でおつりを用意できるようになるものです。

ところが、せっかくおつりを用意して手渡そうとしたときに「端数あったよ!」と小銭を出してくるお客さんも少なくありません。

そんなときには仕方なく、握りしめていたおつりをそっとレジに戻して計算しなおすことに…。

忙しいときには、「それ早く言ってよ」という気持ちになります。

レジ打ちで人気のバイトは?

レジ打ちバイトと言っても、コンビニやスーパー、飲食チェーン店、アパレルなど業種はさまざまです。


そこで、高校生やお子さんのいる主婦(夫)に人気のレジ打ちバイトを、業種別ににご紹介していきますね。

初めてバイトする高校生に人気!「コンビニ」

自分のレジ打ちバイト経験を振り返ると、コンビニはバーコードで商品を読み取るので、おつりの数え間違いなどさえ気を付ければ、基本的にラクな仕事でした。

メンドウなのは、宅配便や公共料金の支払いなどです。

それぞれに細かなマニュアルがあり、覚えることもたくさんあって慣れるまでは手こずります。
 


あと、こちらのツイートにもあるように、コンビニには年齢ボタンというものがあります。

レジ担当のバイトがお客さんのだいたいの年齢を判断して押すのですが、最初のうちはけっこう悩みます…。

レジで高時給を狙っている人に人気!「牛丼チェーン」

駅前やオフィス街にある牛丼チェーン店は、比較的高時給であることが魅力です。

レジ打ちと並行して、オーダーを取ったり牛丼を運んだりと、接客全般を行わなければならないので、かなりハードな仕事ではあります。

深夜などバイトの人数が少ない時間帯ではさらに、食器洗浄や炊飯、牛肉や玉ねぎを煮る業務も並行して行わなければなりません。

レジ打ちでは、カウンターにある丼などを見て「並みと卵とお味噌汁ですね」などと言いながらレジの商品ボタンを押してお会計をしていきます。

おつりを間違えないように気を付けなければならないのはコンビニと同じですが、レジをしている間にも後ろから、「並みとみそ汁~」などと声をかけられてしまうことがあり、集中力が必要でした。
 


また、こちらのツイートにあるように、ご飯が足りなくなる事件もときどき発生します。

そんなときは、レジ打ちや接客だけならまだしも、ご飯をもらいに近所の他店舗にまで走らされることも…。

(ご飯は重たいので、女の私が取りに行かされることはありませんでしたが…)

子どもがいる主婦に人気!「スーパー」

いま話題になっているスーパーのレジ打ちは、バイトスタッフの数が多いためシフトに融通をきかせやすいことが魅力です。

3~5時間のすき間時間でも、サクっと働けますよ。

土日だけ家の近くでバイトしたい学生さんや、平日の子どもが学校に行っている間だけ働きたい主婦にも人気のパート・アルバイトです。

また、バイトでも社員割引が使える店が多いので、安く食材やお弁当などを買うこともできます♪

スーパーのレジで働いている人の口コミを見ると、

「特売日や土日祝日、特にゴールデンウイークやお盆などは1日中混雑するので疲れる」

「レジが混んでいると、イライラしたお客さんが多くてストレスになる」

など、お客さんが殺到する時間帯はいろいろ大変なようです。

一方、

「新商品や人気の商品を知ることができて、おもしろい」

「バーコードで読み取ってお金を入れれば、おつりも勝手に出てくるので覚えることが少なくてラク」

など、高評価なコメントも多数寄せられています。

空いてる時間帯に都合よく働きたい人には、よさそうですね。

さっそくエントリーしてみては?

ちなみに、パン屋さんのレジ打ちは商品数が多いので、慣れるまでけっこう苦労します。

とはいえ、コンビニや牛丼屋ほどは混まないので、レジ打ちもゆとりをもって行えますよ♪

焼き立てパンのいい香りに包まれて働きたい人には、ぜひオススメです。

自分のバイト経験をふり返って、どのレジ打ちバイトが一番ラクだったかと言えば、正直どれも一長一短です。

牛丼チェーン店やコンビニは場所によっては高時給でがっちり稼げますが、他の業務も多いので体力も要ります。

スーパーやパン屋でも、店舗の規模が小さければ他の業務もこなさなければなりません。

ですから、レジ打ちがメインのバイトを選ぶときには、レジ打ちのほかにどんなことをするのかチェックするのがオススメです。

その上で、自分がよく通っているお店や、好きな商品が置いてあるお店で働けばきっといろいろな発見もできて楽しいですよ♪

何かアルバイトを始めたいと思っているなら、ぜひバイト求人サイトなどを探してレジ打ちの仕事にエントリーしてみてはいかがでしょうか?